全知P連:会長活動報告

2017/08/28
第36回 全国研究協議大会 東京大会
8月26・27日の2日間に渡り、全国研究協議大会 東京大会が開催されました。
都心とは思えない程の緑に囲まれた、閑静な場所にたたずむ東京プリンスホテルに、1000名を超える参加者の皆様がお越しくださいました。本当にありがとうございました。

1日目に行われましたシンポジウムでは、3校の調査研究助成事業における発表がありました。3校とも、PTAの活動組織の中に「防災研修部」「防災部」「安全部会」と名称は少し異なりますが、子供たちの命を守るための防災対策や障害理解の啓発に取り組む組織を立ち上げられていました。
PTAは、年度を超えると共に少なからず人も入れ替わります。いつでも起こり得る大災害に備えて、継続した防災の取り組みがなされるよう、防災部をPTAの活動組織の一つとして位置付けていくことの重要性を伝えていただきました。
全知P連におきましても、引き続き防災減災への意識喚起と全国各地の皆様との情報共有に努めてまいりたいと思います。

2日目には公益財団法人スペシャルオリンピックス日本 名誉会長の細川佳代子様を講師にお招きし、記念講演が行われました。
スペシャルオリンピックスの魅力をテーマに、細川様の現在まで続く、数々の精力的な活動のお話をうかがいました。エネルギッシュで明るい細川様のご講演に、あっという間に時間が過ぎました。会場にいる全ての皆様が細川様からパワーをいただけたのではないかと思います。
知的障害のある人たちの可能性を広げ、社会参加を促進していくためにも、これからも知的障害の理解推進に一層の努力をしてまいりたいと思います。

2日間、皆様のおかげを持ちまして本会を無事に終えることができました。東京大会実行委員長をはじめ、大会関係者の皆様、ご準備から2日間の大会運営まで、本当にありがとうございました。

さて、大会の次期開催地は千年の都、京都です。
閉会式では、東京大会実行委員長から京都大会実行委員長に大会旗が手渡されました。
京都の皆さん、どうぞよろしくお願いします!
2017/08/19
来たる8月26日(土)・27日(日)
残暑お見舞い申し上げます。夏休みも残り少なくなってきましたね。

いよいよ、平成29年度 第36回全国研究協議大会 東京大会の開催まで、残り1週間となりました。皆様をお迎えするにあたり、準備も最終段階に入っています。

東京大会で初披露されます、全知P連の大会旗も出来上がっています。先日、全知P連事務局にまいりました際に一足先に見せていただきました。とても素敵な大会旗となりました。ぜひ大会当日を楽しみにしていてくださいね。

大会には全国各地よりたくさんの方々にご参加いただきます。当日はどうぞ気をつけて東京まで足をお運びください。

皆様のお越しを心よりお待ちしています!
2017/07/25
文部科学省、厚生労働省への平成30年度予算要望書提出
暑い日が続いていますが、不順な天候となっていますね。
7月に入り、全国各地で記録的な豪雨がありました。被害に遭われた地域の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

7月24日(月)に、全国特別支援教育推進連盟の文部科学省への「平成30年度特別支援教育関係予算編成等の要望」と、厚生労働省への「平成30年度障害福祉・障害者雇用対策関係予算編成等の要望」の提出をするため、全国特別支援教育推進連盟の先生方、加盟団体の代表の皆様と一緒に文部科学省へ参りました。

文部科学省におきましては、今年度は各加盟団体からも直接思いをお伝えする機会をいただくことができ、全知P連からも要望をお伝えすることができました。

限られた時間ではありましたが、知的障害特別支援学校における教育環境の整備、インクルーシブ教育システム構築のための条件整備等、そして、今年度に新設された障害者学習支援推進室におきましても、生涯を通じた多様な学習やスポーツ、文化芸術活動の取組等、生涯に渡る障害者学習支援の充実をお願いいたしました。

貴重な機会をいただくと共に、種別の異なる他団体の皆様の要望も伺うことができて、とても勉強になりました。

まだまだ暑さが続きますね。
お子様やご家族の皆様と楽しい夏休みをお過ごしください!


2017/06/24
平成29年度 全知P連総会・研修会
昨日、全国特別支援学校知的障害教育校PTA連合会の総会が無事に執り行われました。今年度の会長にご承認いただきました木村加代子と申します。1年間、会長として活動したことや取り組んだことを、こちらの「会長活動報告」でご報告させていただきます。どうぞお時間のある時にご覧ください。

総会の後には、研修会がございました。障害のある子供を持つ保護者の先輩であり、全知P連の役員の先輩でもある3名の講師の方々をお招きし、「障害のある子供たちの今と未来を見つめて〜フューチャーセッション」というテーマで行われました。普段の日々の慌しさが少しでも和らぐようにと、事務局の皆さんが趣向を凝らしてくださり、リラックスできる会場を演出してくださいました。

3名の講師の皆さんには、今地域で取り組まれているグループホームや就労の場、放課後等デイサービス、青年支援事業など、取り組まれている活動についてお話してくださり、子供の学齢期後をこれから迎える私たちに保護者に、たくさんの課題を投げかけていただき、人と人との繋がりの大切さを教えていただきました。

何より3名の先輩たちのパワー、原動力がすごいです! たくさんの元気をいただきました。貴重なお話をありがとうございました。

- Topics Board -