全知P連:会長活動報告

2021/03/24
春うらら
本日は事務局で打ち合わせがあり
事務局に行きました。
パーティションで仕切りしっかりと
コロナ対策しております。

今日は暖かい日差しが気持ちよく
すっかり春です。
昨日、今日と卒業式が行われた学校が多いと思います。
卒業生の皆さまおめでとうございます。

皆さんの明るい未来をお祈りします。

2021/03/04
「難病の子どもの自然体験施設そらぷちキッズキャンプ」
13年前に生後3ヶ月で突然の高熱で入院し、その後二年間、入退院を繰り返した我が子。
入院しているときに病院で仲良くなった重い病気を抱えた仲間たち。
いつもみんなで旅行に出かけたいね。と話しておりました。
現実は夢のまた夢で医療がくっついた施設があれば・・と当時思っていました。

先日、仕事の関係で「そらぷちキッズキャンプ」に出会いました。
「そらぷちキッズキャンプ」は北海道滝川市にある医療施設を完備し、特別に配慮されたキャンプ施設で
難病とたたかう子どもたちやその家族が、自然の中で病気のことを忘れ、笑顔で楽しいときを過ごし、
「楽しい思い出」「すばらしい仲間」「生きる力」「希望」を得ることができる施設です。
重たい病気を抱えた子どもと家族にとって本当に夢の場所です。

そんな「そらぷちキッズキャンプ」が2021年3月13日(土)〜21日(日)の「第21回JAPANドラッグストアショー@オンライン」で
チャリティオークションを開催します。
“レアなグッズ”が多数出品予定なのでご興味のある方はぜひホームページをご覧になってください。

そらぷちキッズキャンプのホームページ
http://www.solaputi.jp/index.html

チャリティオークションの事を載せたブログ
https://blog.goo.ne.jp/solaputi

2021/01/08
新年のご挨拶が遅れ、大変失礼いたしました 
謹んで新春のお慶びを申し上げます

2021年が皆様にとってよい一年になりますよう
そして 子供たちの笑顔にたくさん出会えますよう
心よりお祈りいたします
コロナに用心する日が続いておりますが 皆様に
お会いできる日を楽しみにしています

会 長  茨田 一矢 
事務局長 吉田 祥子
事務局員一同

2020/11/09
散歩 (⌒∇⌒)
11月7日子供と散歩中に撮った広告看板です
毎年この時期になると出される広告ですが、今年のコピーは立ち止まって見てしまいました。散歩へ行く時も最高の笑顔。子供が学校へ行き、私もPTAの用事で学校へ行った時も子供が私を見つけると最高の笑顔をしてくれます。どんな物よりも最高のギフトですよね。
本来なら11月7日8日は沖縄の皆さま、全国の皆さまとお会いしてるはずでした。コロナ禍が収まらず中々お会いする事が出来ない状況ですがコロナに負けずに皆で乗り切りましょう。元気な姿でお会いできる日を楽しみにしております。

2020/10/14
医療と介護の総合展に行ってきました!
幕張メッセで行われたEXPOに行ってきました。
殺菌やマスクなどコロナ関係が大半を占めてたイメージですが、どの企業も頑張っていて利用者も事業者も助かるような技術がありました。
個人的には、障害児(者)向けに特化した出店が見たかったのですが、今回は見つけることができませんでした。(涙)(探すのが下手だったのかもしれません)

2020/10/2
オンラインでの研究協議会が開催されました!
中国・四国地区特別支援学校知的障害教育校PTA連合会の令和2年度第31回中国・四国地区特別支援学校知的障害教育校PTA連合会研究協議会(広島大会)に
参加させていただきました。
こちらはオンライン大会で東京からリモートで参加させていただきました。
ハウリングというトラブルがありましたが中国・四国地区の絆は厚く、とても良い大会でした。
令和2年度事務局の広島市立広島特別支援学校のPTA会長の久保様、校長の中尾様、そして保護者・教職員・児童生徒の皆様、大変お疲れ様でした。
そして感動をありがとうございました。

2020/9/30
子供たちの安全・安心を願って
瀧川先生、石塚事務局次長、木村顧問と防災手帳制作の打ち合わせをさせていただきました。
みなさんそれぞれに障害児のための防災に熱い想いがあります。まだまだ序盤ですが子供達のために全力で作り上げたいです。

2020/9/22
ワラッてれば… (^▽^)
中学生の娘から送られてきた写真とメッセージをご紹介
「藁にもすがる思いの時もワラッてればいい事あるよ」
なかなか奥が深く娘の成長を感じました。

息子の障害が発覚した時に愕然とした私を救ってくれたのが
息子のとびっきりの笑顔でした。
笑顔は生きて行くのに必要な活力です。

2020/07/07
お見舞い申し上げます。【会長(茨田)・事務局一同より】
このたびの令和2年7月豪雨により被災された皆さまへ心よりお見舞い申し上げます。
7月4日未明〜朝にかけて、熊本県、鹿児島県では記録的な豪雨に見舞われました。熊本県の球磨川などでの河川の氾濫、堤防の決壊、土砂崩れが発生し、多くの方が犠牲になられました。
6日午後から、梅雨前線の北上に伴って発達した雨雲が流れ込んだ九州北部では豪雨に見舞われ、7日も猛烈な雨が降り、筑後川が氾濫。福岡県大牟田市では避難所の周辺が冠水しました。明日8日にかけては、九州地方だけでなく、中部・東海など全国各地で大雨が予測されています。
これまでに降った雨により、土砂災害や洪水の危険度の極めて高くなっている所があります。今後さらに重大な災害が発生するおそれもありますので、引き続き警戒してください。そして、命を守るための早めの避難を心掛けてください。

以下、水害に備えるための参考資料を御紹介します。
 
◆どのような際に情報が発令されるのか?水害編について、映像にまとめた資料です。
内閣府 【水害編】警戒レベルCで全員避難
http://wwwc.cao.go.jp/lib_012/suigai_ippanJP.html

◆雨雲の動きがよくわかる資料です。
【気象庁 降水ナウキャスト】https://www.jma.go.jp/jp/highresorad/

◆土砂災害、浸水害、洪水、雨の様子を動画で確認できます。
【気象庁 大雨・土砂災害の危険度分布】https://www.jma.go.jp/jp/doshamesh/

◆避難所での新型コロナウイルス等への対応資料です。
特定非営利活動法人 全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)が
『知っていれば、誰でもできるちょっとした配慮』を分かりやすくまとめた資料です。
【新型コロナウイルス 避難生活お役立ちサポートブック】
http://jvoad.jp/wp-content/uploads/2020/06/5a06198f7ed43dc4d5d3d57f86dc6032.pdf

◆浸水被害から生活再建までがわかる資料
震災がつなぐ全国ネットワーク(震つな)が水害にあった被災者の生活再建を手助けするという目的のため、過去の水害被災地での支援経験をもとに作成された資料です。
【水害にあったときに(チラシ版A4・4頁)】
https://blog.canpan.info/shintsuna/img/E6B0B4E5AEB3E381ABE38182E381A3E3819FE381A8E3818DE381AB_E38381E383A9E382B7E78988_E7ACAC4E78988201910_.pdf
※チラシ版のほかに「英語版(チラシ版A4・4頁)」「冊子版(A5・32頁)」さらに、
冊子・チラシを補完する「水害後の家屋への適切な対応 (A4版4頁)」も震つなHP(https://blog.canpan.info/shintsuna/)からダウンロードできます。
2020/06/21
おわりとはじまり
6月26日(金)に全知P連定時総会(書面総会)を執り行います。

我が子が高1の時に全知P連会長に就任し、3年間務めてまいりました。
障害の種別や程度に関わらず、さらには障害のある無しにも関わらず、すべての子供たちが、それぞれの地域の中で生き生きと毎日を過ごしていくことを願い、PTAとしてできることを考えてきた3年間でした。会員の皆さまをはじめ、関係各所の皆さまには、いつも変わらぬ御理解と御協力をいただきました。また、いつも身近で支えてくださいました全知P連事務局の皆さまは、見えないところで、たくさんのお仕事をしてくださっていました。
3年間、本当にありがとうございました。

6月26日より、令和2年度の新体制が始まります。新型コロナウィルスの影響で、PTAは例年のような活発な活動をすることは難しくなっていますが、子供の成長や学びは止まることはありません。こんな時だからこそ、できる方法で助け合い、情報を共有しながら、難局を乗り越えていきたいですね。

新型コロナウィルスとの生活は、まだしばらく続きます。様々な不便さや我慢も続き、新しい生活様式を取り入れた日常となっています。しかし、これまでの数か月の経験も、これからの新たな生活の経験も、子供たちがこれから生きていくなかで、この先も出会うであろう難局に、立ち向かう力となっていくことを信じています。

我が子は3月に学校を卒業し、元気に新しい一歩を踏み出しています。
私も別のかたちで、微力ながら子供たちを応援していけたらと思っています。
1 2 3 4 >

- Topics Board -