リンク矢印会長活動報告 リンク矢印サイトマップ

ホームページ開設にあたって

PTA活動の新たな展開を期待して

全国知的障害養護学校長会

会長 三苫由紀雄

全国知的障害養護学校PTA連合会のホームページ開設をお祝い申し上げます。

全国の知的障害養護学校PTAの活動の紹介や各種の提言等の情報の提供や発信の場となり、新たな展開をされることと存じます。各学校のPTAや地域を結ぶと共に、各関係機関との連携や多くの方々とのつながりがより一層広がっていくことを願っています。

全国知的障害養護学校PTA連合会では、これまで、各PTAでの独自の活動や子育て支援活動を積み重ねられてきました。また、教育、福祉等の動向に対して提言等をされ、それらによって児童生徒の教育条件の改善や教育活動の充実が図られてきました。

平成17年度を迎え、全国の盲・聾・養護学校では、新たな教育活動が始められています。この4月から各校では、個別の教育支援計画の策定が始まりました。手探り状態で始まった個別の教育支援計画ですが、その作成過程が、乳幼児から卒業後までの支援体制の構築や医療・福祉・労働・教育等の関係機関の連携体制の構築を作っていく過程でもあると言えます。これまで、全国知的障害養護学校PTA連合会では、特別支援教育に関して、中央教育審議会のパブリックコメントやヒアリングを通して意見を表明されてきました。特別支援教育の最終報告もこれから答申されていきます。今後も、保護者の立場から意見、提言等を進めていっていただき、特別支援教育の実現を図っていきたいと存じます。また、PTA連合会が進めてきた子育て支援事業は、地域活動として根付き始め、地域での生活につながっており、このことは特別支援教育の考え方が地域で活かされていくことになり、今後も一層広げられていくことが期待されています。

現在、障害者自立支援法の動向が注目されるところですが、全国知的障害養護学校PTA連合会と全国知的障害養護校長会とが協力し合って、特別支援教育の推進を図っていくとともに、地域での生活が広がっていくように進めていきたいと考えております。また、校長会としては、今後の特別支援学校の在り方を検討し、学校の教育力の向上、専門性の向上を目指して、種々の活動を進めていきたいと考えております。

 

△上に戻るエンドマーク

pdfアイコンまたは(PDF)とあるリンクは、Acrobat Readerが必要になります。Acrobat Readerをインストール

全知P連の経歴